バージョン管理システムRedmineを導入した.
バージョンは2.1.0,SElinuxは既に設定済み,ポート80は解放している状態から.
あと,MySQLはすでに可動している.

Ruby on Railsで動いているので,Ruby等の環境構築から

RubyとPassengerをビルドするためのインストール

# yum -y install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel
# yum -y install mysql-devel
# yum -y install ImageMagick ImageMagick-devel

Rubyのビルド

# yum -y install ruby
# yum -y install ruby-devel.i686
# yum -y install rubygems.noarch

bundlerのインストール

Redmineが使用するGemを一括インストールするためのツール、bundlerをインストールします。

# gem install bundler --no-rdoc --no-ri

Redmine用データベースとユーザーの作成

# mysql -u root -p
mysql> create database db_redmine default character set utf8;
mysql> grant all on db_redmine.* to user_redmine identified by 'パスワード';
mysql> flush privileges;
mysql> exit;

Redmineのダウンロードと配置
今回は,/var/lib/redmineに配置する.

# wget http://files.rubyforge.vm.bytemark.co.uk/redmine/redmine-2.1.0.tar.gz
# tar zxvf redmine-2.1.0.tar.gz 
# mv redmine-2.0.0 /var/lib/redmine

Redmineのインストールディレクトリ以下にconfig/database.ymlを作成
パスワードは,先ほどのMySQLで設定したパスワード

production:
  adapter: mysql2
  database: db_redmine
  host: localhost
  username: user_redmine
  password: パスワード
  encoding: utf8

メールサーバの設定に関してはGmailを使用する.
設定に関しては,別の記事で.

アプリケーションが必要とするGemを一括してインストールできるツール、bunderを使用してRedmineで使用するGemをインストール
Redmineのインストールディレクトリで以下のコマンドを実行
(用いるSQLサーバによって異なるので注意)

# bundle install --without development test postgresql mysql

Redmineの初期設定とデータベースのテーブル作成

セッションデータ暗号化用鍵の生成とテーブル作成
Redmineのインストールディレクトリで以下のコマンドを実行

# rake generate_secret_token
# RAILS_ENV=production rake db:migrate

Passengerのインストール

Apache上でRedmineなどのRailsアプリケーションの実行に必要なPhusion Passengerをインストール

# gem install passenger --no-rdoc --no-ri

PassengerのApache用モジュールのインストール

インストーラを実行し画面の指示に従って操作する

# passenger-install-apache2-module

passenger-install-apache2-module –snippet を実行して表示される文字列は後のapacheの設定で使用する

assengerRoot /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-3.0.17
PassengerRuby /usr/bin/ruby

# Passengerが追加するHTTPヘッダを削除するための設定
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"

# Passengerのチューニングのための設定
PassengerMaxPoolSize 20
PassengerMaxInstancesPerApp 4
PassengerPoolIdleTime 3600
PassengerUseGlobalQueue on
PassengerHighPerformance on
PassengerStatThrottleRate 10
RailsSpawnMethod smart
RailsAppSpawnerIdleTime 86400
RailsFrameworkSpawnerIdleTime 0
RailsBaseURI /redmine

後は,オーナの設定

# chown -R apache:apache /var/lib/redmine

以上で基本設定は完了

実行する為には以下のコマンドを実行する.

# /etc/init.d/httpd graceful

公開は,シンボリックリンクやヴァーチャルホスト等を用いて公開