apacheサーバの状態を確認するために,mod_statusを導入した.

まず, /etc/httpd/conf/httpd.confの設定

httpd.confに以下の記述を追加する.
多くの場合は,すでに記述されていたり,コメントアウトしてある状態になっていると思います.
コメントアウトしてある状態の場合は,コメントアウトを外して有効にしてください.

LoadModule status_module modules/mod_status.so

あとは,/etc/httpd/conf.d/httpd-status.confを作成し,状況を確認できるページの設定を行う.
mod_statusでは,server-statusハンドラを呼び出すことで,サーバの状態を確認する.
ここでは,/server-statusにアクセスした場合に表示されるように設定している.
また,アクセスできる範囲を指定している.

<location /server-status>
    SetHandler server-status
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 192.168.1.0/24
</Location>

なお,この設定は以下の記述がある場合にconfファイルが読み込まれる.

Include conf.d/*conf

上記の記述がない場合は,以下のように記述する必要がある.

Include conf.d/httpd-status.conf

これでapacheを再起動すれば,アクセスして状態をWebから確認することができる.