Raspberry Piの状況を確認するために,monitorixというソフトを導入した.
monitorixでは,ウェブページからシステムの負荷やCPUの温度などが確認することが可能となっている.
最近のバージョンでは,Raspberry Pi特有のCPUのクロックや温度を取得することが可能になった.

まずは,インストール.
公式レポジトリにはないので,yaourtを使いインストール.

yaourt -S monitorix

/etc/monitorix.confを編集.
初期状態では,ウェブページから確認ができないようになっている.
また,Raspberry Pi特有のページについても表示されない.
そのため,下記のように変更を行った.

・
・
・
<httpd_builtin>
        enabled = y  //初期値はn 
        host =
        port = 8080
        user = nobody
        group = nobody
        log_file = /var/log/monitorix-httpd
        hosts_deny =
        hosts_allow =
        <auth>
                enabled = n
                msg = Monitorix: Restricted access
                htpasswd = /var/lib/monitorix/htpasswd
        </auth>
</httpd_builtin>
・
・
・
# Graphs (de)activation
# -----------------------------------------------------------------------------
<graph_enable>
        system          = y
        kern            = y
        proc            = n
        hptemp          = n
        lmsens          = n
        nvidia          = n
        disk            = n
        fs              = n
        net             = y
        serv            = n
        mail            = n
        port            = y
        user            = n
        ftp             = n
        apache          = n
        nginx           = n
        lighttpd        = n
        mysql           = n
        squid           = n
        nfss            = n
        nfsc            = n
        bind            = n
        ntp             = n
        fail2ban        = n
        icecast         = n
        raspberrypi     = y  //初期値はn
        phpapc          = n
        wowza           = n
        int             = n
</graph_enable>

あとは,サービスへの登録と起動を行う.

# systemctl enable monitorix
# systemctl start monitorix

これで,http://ipアドレス:8080/monitorixにアクセスすれば,
システムの状態をモニタすることが可能になる.